スイフトスポーツ(ZC33S)を契約してきました。値引きは? 納車期間は?




スイフトスポーツ(ZC33S)を契約してきました。(2018年2/4)

スイフトスポーツ

色々調べてきたスイフトスポーツ(ZC33S)を契約してきました。
値引きのコツ(?)と納車までをレポートします。



値引きは?

色々な口コミサイトで出てるのは5万~10万の様ですが私の方は155,098円まで値引きすることができました。
今乗ってる車の下取りが40万円査定でしたが査定額アップ交渉をして+5万円で総額205,098円としました。
上等じゃないでしょうか?

どう攻めたか?

ちなみに契約したお店は初めて行ったお店です。

1.仲良くなる

はい基本です、「安くしないと買わないよ」みたいな雰囲気は駄目です。フレンドリーにこれからお世話になる方です。

2.買ってからも頼りにしてます

これ重要です。オイル交換とかスタットレス購入等に行きます的なことを伝えます。アフターサービスは購入店にとって収入源です、買った後はしらねーよは嫌な客です。

3.感謝を伝える

少しでも引いてくれたら感謝の気持ちを伝えましょう。

4.短期決戦

ダラダラ行くのは駄目です。
1週間目は挨拶とグレード別の見積もりや今乗ってる車の簡単な査定。
2週間目は細かいとこまで詰めた見積もりを依頼。
3週目に決める感じで行きましょう。

5.1つだけオプションを無料でつけてもらう

2週目に細かいとこまで詰めた見積もりに+1のオプション(2万くらいのもの)を付けて、「2週間目の見積もりに後これ付けてくれたら買う」といえばOK。それで2万円のオプション値引きをゲットしましょう。

 

車体値引きとリセール車の査定額アップは別で考える!

オプション値引きも車両値引きも満足し首尾よく見積もりが予算内で交渉が進んだとします。
「後は判子を押すだけ」そんな時です。

納得する見積もりなら判子押しましょう、もったいぶる必要はありません。
相手を気持ちよくさせるこれが第一歩です。

満を持して次の段階、手持ちの車をリセール交渉です。
ここには大きなチャンス権が残っています。
リセールも含めて車の値引き交渉をする方法もありますが車は車、リセールはリセールで交渉します。

私の場合

車名:マツダアクセラBL 2.0L スカイアクティブ
走行距離:約5万km
車検:ほぼ満タン
事故歴:有り(カマ掘られた)
色:ブルー
ミッション:AT
アピールポイント:車検満タン、バッテリーを最近変えた
ナビ:無し
買取相場:20万~50万
初回評価額:40万

私の車には駄目なポイントが2つあります。
1.色:派手な色は中古では売りにくいです。
2.事故歴有り:見ての通りですダメダメポイントです。

この大きな2点がありながらほぼ相場で買取価格を出してくれたことには非常に感謝ですが・・・
もうちょい狙いたい。

ステップ1!中古買取サイトで見積もりを依頼する。「己を知り相手を知れば百戦危うからず」

買取相場を知っておくことは非常に重要です、相場ギリギリで査定額をだされたり、ネガ部分を攻めされて「まぁこんなもんか」となることもあります。
なので自分の車は「○○万円」と戦闘力を知っておいてください。
↓下記で相場調査しましょう。こちらは、従来のバンバン電話がかかってこない安心・安全・無料の査定サイトです。


ステップ2!アピールポイントを作る

私の場合は「バッテリーが新品(アイドリングストップ用のバッテリーは高い)」「車検満タン」
他にもナビが新しいとかタイヤの山が残っているとかキレイに使ってるとか・・・なんでもいいです、アピールしてください。

相場より安く見積もられた場合

・相場だと○○万円なんだけどそれは無理?と確認(お伺いを立てる感じで)
└無理なら無理です、諦めて高く買い取ってもらえる査定額を出したところにGOです。

相場道理に見積もられた場合

・アピールポイントで押す。
私はこのパターンだったので「車検満タンだし、バッテリー新品なんでバッテリー代だと思って後5万お願い」と交渉して5万円アップしました。

最終評価額:45万

私は車を査定交渉もうまく行ったので買ったところでリセールに出しました。
それに、手放してしまうと納車まで日常の足の車を失うからです。(代車をだしてくれる買取屋もあります)
納車まで日常の足を失わず査定額アップという結果をえることができました。

 

他社の見積もり持ち込みは嫌われる

よくある値切りテクニックで「他社の見積もり持ち込み」はNG
うちの兄貴が自動車販売の営業なんですが「他社の見積もり持ち込み客」ほど面倒なものは無いそうです。理由は色々ですが「他人のラブレター見せれられて、この子とお前で迷ってる」って言われて嬉しい人なんていないですよね。
他にも雑誌やネット等で見られる「値引き成功例」を持ち出すのもNGです、信頼関係を損ないますし営業さんからしたら「またかよ・・・他社は他社」という思いしかありません。

 

納車は?

はい、2018年2月現在3ヶ月待ち5月納車予定です!4月かもしれないけど・・・まぁ3~4ヶ月待ちですね。
スイフトスポーツ(ZC33S)は月産700~台みたいです。
私の住んでいる県ではすべてのスズキ店で月間10台程度しか入庫してない模様、噂では4月頃から増産体制に入るらしいですが・・・

納車についての情報まとめ

契約から3ヶ月・・・やっっと生産連絡が来ました。

車が来ました(2018年5/17日)

ZC33S

納車は5/20日前後になりそうです。
契約から3ヶ月半ですね。

 

見積もりの写真





スイフトスポーツ(ZC33S)に決めた理由

[愛車遍歴] VIVIO(MT)→アクセラBK(MT)→アクセラBL(AT)
免許をとって10年くらいMTの車を運転していましたが現在乗っている車はマツダアクセラBLスカイアクティブ2.0L、トルコンAT(パドルシフト付き)です。
最初はATのハンドリングに集中できる運転が良かったのですが年を追うごとに「つまらねぇ・・・」「左足お留守すぎる」という思いが強くなってきました。

もう一度MTに乗りたい!

現在MT設定のある車は減少傾向ですがマツダはMT設定を今だに多く残しているメーカーで次もマツダかな?
それにマツダアクセラはスタイリング含めてすごく好きな車で次に出るであろうスカイアクティブXは名車の予感はヒシヒシと感じてました。

しかし、3連続でアクセラってどんだけアクセラ好きやねんと・・・違うメーカーも乗ってみたい。

そんなこんなで車探しです。
・インプレッサが新しくなったので見に行ったところなんとあのCVTしかない、CVTだけは死んでも愛車にするなと守護霊がいうので早々に撤退。
・ホンダのFIT RSを見に行ったところインパネ周りが家の電子レンジに似ていたので撤退。
・日産NOTE NISMOは悪くないけど欲しいと思えなかったので撤退。
・CX-3は腰高SUVなので撤退。
・新しいシビックは300万~で予算オーバーなので撤退。
・オーリスはスイスポ契約してから存在を知った(MTあるんですね)。
・86/BRZは有力候補でしたが降雪地域に住んでいるのでFRは難しいなと(どんなに雪道になれても一瞬でやられる怖さが雪道にはある)。
・旧車もいいかもとS2000も見てきましたツーシーターは不便すぎるので撤退。
・NDロードスターもツーシーター+FRなので撤退。
・外車も探しましたが近くにディーラーが無いので撤退以前に攻めれず。

時間も経過し2回目の車検も通して、まぁぼちぼち欲しい車出るまで待つかみたいな感じでした。

実はスズキは全く候補にないメーカーでした、軽自動車のイメージが強くスイスポも先代はデザイン的に好みでなかったのですが、様々なメディアで評判が非常に高いので試乗したところこんな面白い車がこの値段!に完全にやられてしまいました。
最終的に試乗で一番面白かったスイフトスポーツ(ZC33S)にしました。

こちらを読まれた方に読まれています

【予算10万】納車されたらやりたいカスタムまとめ

ポン付けで16馬力UP! BLITZ POWER CON パワコン

音で選んでも楽しい、マフラーチューニング+タワーバーまとめ

ZC33S専用HKS製スピードリミッターカットパーツ

【足回り編】サーキットでガンガン走らせるには?

カックンブレーキ改善策!








ZC33S チューニング情報