GTドライバーの年収




GTドライバーの年収

ホットバージョンでレギュラーの土屋圭市、織戸学、谷口信輝は(元)GTドライバーですね。
GTドライバーってどれくらい稼いでいるのでしょうか?
少し気になったので調べてみました。

賞金は?レースに勝って賞金を稼ぐとするなら。
それ以外の収入は何があるのでしょうか?

【スーパーGT】賞金額非公表

”賞金については、各レース優勝者に300万円、2位に150万円、3位に100万円の賞金を授与。また、4位に50万円、5位に30万円、6位に20万円が与えられる。大会の賞金総額はスターティングマネーを含め、昨年同様1億円だ。”

”過去に参戦していたドライバーによると、GT500もGT300も優勝した場合、25万~30万円くらいの賞金をドライバーが得られるとのこと”

”【スーパー耐久】1位15万円/2位10万円/3位5万円 ”

”「鈴鹿10時間耐久レース」優勝賞金は3000万円。これは、国内レースとしては過去最高クラスの金額である。2位でも1500万円を手にすることができる。そのほか、金額は違えど、50位のマシンまでが賞金を受け取ることができるようになっている(ちなみに、50位の賞金額は10万円である)。
また、ベストラップ賞やポールポジション賞、ベストパフォーマンスチーム賞やベストピットワーク賞など、多くの特別賞も設定されている(いずれも100万円)。さらに1hourトップ賞では、1時間毎に総合首位のチームに10万円が与えられるという仕組みだ。”

調べてみるとあまり明確な数字が出てきませんでしたが思ったより安いですね・・・しかもこれは選手ではなくチームの賞金と思われます。
仮にGT全8戦を優勝したとしても240万円ですね。これは普通のサラリーマン以下の数字です。

チーム契約料

GTドライバーはチームと選手として契約します。
谷口信輝選手は2003年2004年と19号車RACING PROJECT BANDOHと契約していましたがその時の契約料は200万だったそうです(本人のトークイベントでの発言ですが後に違うかも?と撤回、審議は闇)今から10年以上前ですし、GT300ドライバーとして駆け出しといえる頃ですがかなりお安めな印象。

個人スポンサー

レーシングスーツをみると様々な企業のロゴ(広告)が貼られてますね。
これも明確な数字は出てきませんでしたが谷口信輝氏のブログに興味深い数字がありました。
出典:4月4日土曜日です。

”~略~只今、スポンサーを募集しています。これからの若者たちを応援して下さい。
もし「スポンサーしていいよ」っていう方がいらっしゃいましたら、ご一報下さい。
50万円~500万円まで、いくらでもありがたいです。”

スポンサーを募集しているのは若い選手に向けての言葉なので明確ではないですがGTトップドライバーとなれば知名度は彼らとは差があります。
1社100万以上は有りそうです。ちなみに谷口信輝氏は2016年では32社とスポンサー契約をしています。
単純に計算してもスポンサー収入は3200万以上ですね。
レーシングスーツに多くのスポンサーが貼られています、その数を数えるのも年収を計る物差しになりそうです。

テストドライバー

各ドライバーはパーツやタイヤメーカーのテストドライバーとしても活躍しています。
例えば、織戸学選手だと「ヨコハマタイヤ」谷口信輝選手だと「HKS」
こちらにも契約料が出るかと・・・相場は不明です。

 

タレント、インプレッション、個人ブランド、特別講師

各種雑誌、ホットバージョン、ビデオオプション、GT+、個人ブランド、単発での講師、スーパーラップドライバーなど・・・
こちらにも契約料が出るかと・・・相場はこちらも不明です。

 

土屋圭市氏インタビューにて

ドリキン「齋藤太吾は年間1億円稼いでいます。金額も記事に書いてしまっていいですよ(笑)。彼は日本のトップカテゴリーで活躍するレーシングドライバーよりも稼いでいます」

斎藤太吾選手はD1で活躍するドライバーです。

 

GT500ドライバーでも億はいかない・・・5000万もいかないらしい

どうやら土屋圭市氏のインタビュー通り他の選手からも似たような証言がでてまいりました。
なぜ、その競技のトップであるGTドライバーが億に行かないのか?

理由1:試合数が少ない

GTのレースは年間10戦あるかないかです、試合数の多い競技はそれだけ興行力、集客力があります。

理由2:ステップアップ先が無い

野球ならメジャー、サッカーなら欧州リーグといった上がありますがGTはGTがトップです。
逆にフォーミュラならF1という化物コンテンツがありますが・・・

 

最後に

織戸学選手、谷口信輝選手ようなトップドライバーはコミコミで3000万以上は軽いと予想します。
織戸学選手は新しいレーシングマシンの開発やガレージ店舗を持つなど1000万以上はかかる規模の事業を行っていますし、谷口信輝選手は最近AMG GT-S Price2000万円を購入してますので年収3000万ってことはないと思われます。

ただ彼らはピラミッドの頂点に立つ成功者です、GTドライバーの平均的な年収は500~1000万ではないでしょうか?





ZC33S チューニング情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です