レーシングドライバー織戸学選手とは?#1




レーシングドライバー織戸学選手とは?

ホットバージョンレギュラー織戸学
出身は千葉の農家でよく土屋さんから千葉のピーナッツ煽りをされてます。
シリアス~コメディまでなんでも出来る芸達者なキャラクター、ドライバーとしてもドリフト~GT(グリップ)までオールマイティ、ドライバーで有りながらお店を経営したりと、とにかくマルチな才能を持った方です。
YOKOHAMAのタイヤテストドライバーをしているなど・・・いつ休んでいるのかわからないほどですね。

ホットバージョンレギュラーキャスター織戸学氏

ホットバージョンレギュラーキャスターである織戸学氏はいったいどんな人物なんでしょうか?

出身は?
1968年12月3日生まれ A型の申年、千葉県は船橋市の農家の産まれ兄の影響でモータースポーツ(バイク)にハマり将来の夢はレーサー。
高校卒業後は自動車整備の道に進みました、学生時代にみた土屋圭市氏のビデオに感化されジムカーナで腕を磨いたそうです。
腕前はホットバージョン146AE86で育った男達選手権内「ジムカーナタイムアタック」でも披露しています。

下積み時代は?
20歳で初代ドリコンチャンピオンを獲得、ドリコンの審査員長であった坂東正明氏(坂東レーシング)と出会ったことでレーサー人生が始まります。
坂東商会に住込みで働き富士フレッシュマンでデビュー(21歳)着実に結果と実力つけていきなりGT500デビューを果たします。
2000年にレーサーとして独立しました。

ホットバージョンとの関わりは?
ホットバージョンにはかなり初期から参加しています。
露出メディアではビデオオプションが多くホットバージョンはスポット的な参加でした。

峠最強伝説では・・・何気に事故(クラッシュ)が多い、かなり攻め込んだ走りをしますね。

織戸学 ドライバーズコラム

愛称はオリダー、織戸MAX、土屋一家ではおかん担当。

織戸学 ドライバーズコラム





ZC33S チューニング情報